CTIA、非財務情報を適正に記録する新たなシステム設計に向けた取り組みを開始

ESGやSDGsなどの評価をシステム化することで、サステナブルなビジネスモデルを支援する CTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、2019年よりR3社のCordaを使用した国際金融取引システムやトレーサビリティプラットフォームの開発を進め、分散台帳取引による本格的なペーパーレス取引の実用化に向けて組織環境の整備からシステム実装・運用まで包括的なサポートを行っています。これまで開発してきたシステムを応用し、本年においては昨今注目が高まるSDGsやESGへの企業活動などの非財務情報を適正に記録する新たなシステム設計へ取 […]

CTIA、東京サテライトオフィスを開設

東京・銀座よりDX推進とSDGsへの取り組みを展開 CTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、2020年2月1日より東京・銀座に東京サテライトオフィスを開設します。国内では大阪に加え、新たに東京の拠点からDX(デジタル・トランスフォーメーション)ソリューションを提供し、企業や社会へのDX推進とSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを強化していきます。 この度、開設される東京サテライトオフィスは、事業拡大に伴い、東京を拠点とする数多くの企業様と円滑なコミュニケーションを図り、より多くのビジネスをサポートしていくこと […]

R3・Cordaで金融と産業を近づけるビジネスソリューションを発表

生産者、製造会社、メーカー、商社、認証機関、輸送会社、倉庫、貿易会社、小売店、銀行、証券会社、保険会社、組合など、すべての業種が一つのプラットフォームに参加できる新たなソリューションが誕生 CTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、分散台帳技術を活用して、様々な産業においての課題を解決するためのビジネスソリューション『Traceability as a Service』を開発しました。 『Traceability as a Service』は、組織の大小を問わず需要に合わせた業務効率の最適化を支援する分散台帳型ビジネ […]