イベントレポート:ビジネスブロックチェーンEXPO 2020 冬

『ビジネスブロックチェーンEXPO 2020 冬 』にCTIA松原、小川が登壇しました!

株式会社CTIAは2020年12月12日(土)、バイナリースター株式会社主催のビジネスマッチングイベント「BUSINESS BLOCKCHAIN EXPO 2020 冬」に参加し、各主要プロジェクトマネージャー松原・小川が最新のブロックチェーン技術によるプロジェクトを紹介しました。 

それぞれ約20分間の登壇セッションにて「ブロックチェーンを活用したサプライチェーンにおけるDX構想」、「ブロックチェーンを活用したマイクログリッド構築プロジェクト」の2つのトークテーマで解説し、600人を超える参加者へ発信しました。

本イベントは、バイナリースター株式会社が開催する国内外のブロックチェーン事業者と日本の主要産業をつなぐためのビジネスマッチングを主体としたイベントです。
前回に同様、オンラインによる動画配信形式で開催され、全6部構成のプログラムで20を超える企業が登壇しました。多種多様な業界業種へブロックチェーン活用導入を牽引するスペシャリスト達が集結し、様々なプロジェクトやソリューション導入の事例を交えながら熱弁しました。
また特別パネリストによる「経営者のDX」について議論するパネルディスカッションも行われるなど、ゲストスピーカーの幅広い知見を通して議論が繰り広げられ、学びの多いイベントとなりました。


【イベントプログラム概要レポート】

BUSINESS BLOCKCHAIN EXPO 2020 冬
主催:バイナリースター株式会社
日時:2020年12月12日(土)9:00~20:00
場所:オンライン開催

9時:イベント開始、様々なトークテーマに参加者も注目

12時20分:パネルディスカッション、経営者目線のDX推進が焦点

16時38分:CTIA松原、サプライチェーン改善はDXによる業務効率化がポイント!

サプライチェーンソリューション営業マネージャー・松原が「ブロックチェーンを活用したサプライチェーンにおけるDX構想」の解説を行いました。
物流業界での豊富な経験をもとに、サプライチェーンや物流業務における課題解決方法を紹介し、サプライチェーン改善にはDXによる業務効率化がポイントになると語りました。

16時57分: CTIA電力産業基盤の未来図、地域再エネ有効活用を見据えて!

エナジードライブ事業部長・小川からは「ブロックチェーンを活用したマイクログリッド構築プロジェクト」を紹介しました。
従来の大規模発電所に頼らず、再生エネルギーを活用した小規模・地域発電ネットワーク(マイクログリッド)の構築を目指すために、同プロジェクトによる電力の地産地消、電力需給の最適化を段階的に拡大し、地域内完結のスキームによって実現することを提言しました。

19時30分:イベント終了


そのほかの登壇者からは、分散型金融(DeFi)をはじめとする最新動向や、行政デジタル化、働き方改革、サプライチェーン・物流、再エネなどを後押しするソリューションや市場動向など貴重な内容が紹介されました。

どのセッションも昨今の社会問題や顧客ニーズに焦点を当てたプロジェクトが多く登壇しており、視聴者からも好印象のコメントが寄せられ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

弊社登壇セッションの詳細は、以下のアーカイブ動画をご覧ください。

CTIA松原登壇動画「ブロックチェーンを活用したサプライチェーンにおけるDX構想」

CTIA小川登壇動画「ブロックチェーンを活用したマイクログリッド構築」


【このプレスリリースに関するお問合せについて】
本件に関するメディア関係者様からのご質問やご要望については、下記お問合せ先までご連絡ください。

株式会社CTIA|CTIA Co., Ltd.
メール: support@ctia.ltd (担当:織多、小笠原)
ウェブサイト: https://ctia.ltd