DLT(分散台帳技術)を活用した汎用性の高いトレーサビリティシステム

組織や各業務のルールによって分断されていたシステムがパブリックな
ルールを取り入れることで、今までの情報共有とは違ったシステムが
完成します。これまでよりもはるかに小さな取引の記録を行うことで、
これまでデジタル化できなかった業務のデジタル化を実現できます。

  • 改ざんされない
  • 組織間で隔たりのない情報共有
  • 効率化、コスト削減
  • 既存システムとの連携

他のトレーサビリティシステムや現在の生産管理との差別化

現在、さまざまな生産管理システムがサプライチェーンの領域で利用されて
います。​いずれのシステムも大きな組織や企業間では利用されているものの、
小さな農家や町工場までは手が行き届いていません。また、​現在のシステム
では製品情報の履歴改竄が可能であるという点が、システムに対する安心感
を持てない原因であり、時には組織的な改竄問題が発生してしまいます。
​TaaSはその手の行き届いていないサプライチェーンの川上に導入できる分散
台帳技術を活用した生産管理システムです。​その原則として「全てのモノと、
全ての動作を把握する」こと、「全ての履歴を管理する」こと、これら2点を
確立させることで、他のシステムとの差別化を図ります。また、TaaSによる
トレーサビリティはあくまで副産物であり、事後報告の契約書や証書での取引
ではなく、商品を加工、処理する段階で生産計画や規格に突き合わせることを
目的にしたシステムです。​

Why TaaS ?

TaaSは非常に汎用性が高く様々な特徴があり,事業を促進または新規ビジネスにご活用頂けます。

分散台帳技術

コンソーシアム内で情報を分散管理するための基盤システムによりサプライチェーン革命を実現します。またスマートコントラクトにより契約の自動化ができ契約内容も改ざんされない形で運用できます。

Learn More

電子署名付き記録・電子文書

「誰が」「いつ」実行したのかが細かく記録されるため、改ざんや偽造を抑止できます。
スマートコントラクト(自動契約)と組み合わせる事により様々なメリットが生まれます。

Learn More

様々なインターフェース

QRコード、バーコード、NFCチップなど、プロダクトに合わせたインターフェースを選択することができます。

Learn More

トークナイゼーション

BCを利用したモノや資産のデジタル管理が可能になります。

それぞれ固有のIDがつけられ、組織を越えて情報を共有・運用することができるようになります。開示情報は各企業ごとに設定可能なので企業機密などの漏洩などの心配はありません。

Learn More

各ビジネス拠点からグローバルに展開

TaaSはどんな業界でもその力を十分に発揮します。日本をはじめ、シンガポールやスイスなど私たちのビジネス拠点を中心に海外の企業にアプローチしています。現地のビジネスニーズや新しい事業にアンテナを張り世界の企業へTaaSの魅力を届けながら、将来様々なビジネスで活用されることを目指しています。

Contact Us