CTIA
0
loading
Hold
Watch
View

Intel Developer Conference 2019

『Intel Developer Conference 2019』出展レポート

SBI R3 JAPANブースでブロックチェーンによるSGX実証機のデモンストレーションを実施

2019 – 10 – 04

2019年10月4日、CTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、東京・六本木のミッドタウン東京で開催された『Intel Developer Conference 2019(インテル ディベロッパー・カンファレンス)』のSBI R3 JapanブースにてIntel SGXを使用したアプリケーションのデモンストレーションを実施しました。

CTIAでは、サプライチェーンにおいてトレーサビリティを実現するために、R3 Cordaによる分散台帳技術を活かした生産管理サービスの提供に向けて開発を進めています。

今回使用されたデモンストレーション用アプリは、生産記録を行う際に使用するバーコードの発行や、それを読み取る際の仕組みをSGXで保護することにより、読み取り処理の秘匿化を実現し、不正なシステムによる改竄を防ぐ仕組みとなっています。
また、デモンストレーションは生産側と入荷側の2社の設定で実施しました。
生産する会社では、キウイを収穫・箱詰めして、出荷準備を行い、出荷を実施、そして入荷側の会社では入荷予定とのバーコードで照合を行い、入荷をするという単純な動作で実施されました。

なお、今回は倉庫や工場などでの使用を想定して、ノートパソコンに仮想環境を構築してCordaを運用し、インターネットに繋がっていないローカルネットワークの環境でサービスのデモンストレーションを実施しました。
これにより、通信接続の制限された生産環境においての導入にも期待されます。

ブースを訪れた生産管理に係る仕事の担当者の方からは、生産工程においてのロット番号の管理については負担が大きい業務であるため、製造にかかわる複数の組織において製品ごとでのロット番号の取り扱いでブロックチェーンが活用されることには将来性を感じると高く評価されました。

SBI R3 Japan

SBI R3 Japanは、ブロックチェーンプラットフォーム「Corda」の日本におけるライセンス提供および導入支援を主なサービスとして提供する、SBIホールディングス社とR3社との合弁企業です。同社は2019年1月に設立され、世界の主要金融機関と協力して規制が厳しい市場のビジネス問題を解決するために分散台帳基盤プラットフォーム「Corda」で、プライバシーとセキュリティを確保しながら、あらゆる分野での取引の効率化、業務コストの削減を目指します。


明日『Intel Developer Conference 2019』に出展。
SBI R3 JAPANブースでブロックチェーンによるSGX実証機を展示。

2019 – 10 – 03

ブロックチェーンによるソリューション・サービスを提供するCTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、明日2019年10月4日にインテル社が主催する『Intel Developer Conference 2019(インテル デベロッパー・カンファレンス)』に参加し、SBI R3 JAPANブースでパートナー企業としてCordaが運用されるSGX実証機の展示を行います。


2019年10月4日、東京・六本木にあるミッドタウン東京で開催される『Intel Developer Conference 2019』において、インテル ソフトウェア・ガード・エクステンションズ(以下、インテル SGX)を活用して、R3 Cordaアプリケーション環境におけるデータ保護システムの展示とデモンストレーションを展開します。

CTIAは、Cordaを使用してサプライチェーンでの生産管理とトレーサビリティを確立するサービス「Traceability as a Service」を開発、提供しています。従来のCRM/ERPでは実現が難しかった組織間においての計画と記録の突き合わせ業務にブロックチェーンを活用することでそれを実現します。生産計画と作業記録の突き合わせにスマートコントラクトを活用したり、製品をトークンとして取り扱いすることにより、在庫管理などの様々な管理業務の省力化、また多品種少量生産の業務効率の大幅な改善が可能となります。企業間取引や国際貿易においてもこの技術を活用することによって管理コストや待機コストの大幅な軽減が可能です。

今回の展示では、これらの業務において使用されるバーコードや二次元バーコードを発行するにあたり、バーコードが持つ情報が不正に書き換えられないように保護する機能で「インテル SGX」を活用しています。

Intel Developer Conference 2019について

2009年から『インテル ソフトウェア・カンファレンス』として毎年開催されている本イベントは、2017年よりコンテンツの拡大に伴い名称も『インテル デベロッパー・カンファレンス』に変更され、今年が3度目の開催を迎えます。
本イベントでは、インテル社製品を採用した企業が自社のサービスや製品を持ち寄り、それぞれのブースで説明やデモンストレーションが実施されるなど、デベロッパーやエンジニア同士の交流が繰り広げられます。

また、本イベントではインテル社の製品やサービスについて様々な最新情報が紹介される基調講演や、AIやゲーム&メディア、IoT/エッジ・コンピューティング、データセンターなどをテーマに、それぞれの分野の最新技術や導入事例について詳しく解説されるブレークアウト・セッションがコンテンツとして用意されています。
本イベントは、ハードウェアやソフトウェアの開発者、またインテル社の製品を使用している企業などを対象に、東京ミッドタウン ホール&カンファレンス(東京都港区)で開催され、当日は定員で500名程度の参加が見込まれています。ぜひ、ご来場ください。

*本イベントは事前登録制です。イベントの詳細は公式サイトをご覧ください。
https://plan.seek.intel.com/Developer-Conference-2019_Reg


インテル デベロッパー・カンファレンス2019
主催: インテル株式会社
日時: 2019年10月4日(金)
会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7−2


お問い合わせ

弊社に関するお問い合わせはこちらから送信してください。
Address

〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-15-7

Phone

06-6563-7885